女性らしい体型にはホルモンバランスも重要

一般的な女性っぽい体型とは、どういう体型のことを表すでしょうか。

ウエストはキュッと細く、腕や足は引き締まって無駄な肉はついておらず、それでいてバストやヒップは大きいほうが、女性らしいです。

細身の女性が、脂肪を増やせば女性らしい体型になるのかといえば、そんなことはありません。

体重を増やすことと、女性らしい体型になることは違います。

女性ホルモンが分泌されていることも、女性らしい体型づくりに関わっています。

女性といっても、一定の年齢に達していなければ体はまだ丸みを感じられず、女性らしさをあまり感じない体型になりがちです。

成長するにつれて、女性の身体は胸や尻が丸みを帯びてきて、腰回しがくびれるようになりますので、女性らしい体型になるわけです。

エストロゲンと、プロエストロゲンという2種類のホルモン物質が体内に分泌されるようになった時が、女性らしい体型への変わり時といえます。

体型

健康的な生活をしてホルモンの分泌を維持しよう

ホルモンがしっかり機能すれば体型も変わり女性らしくもなりますが、ホルモンバランスが乱れればそうもいきません。

髪や皮膚など、様々な部分が女性ホルモン量の影響を受けていますので、ホルモン分泌が滞ると問題が色々と起きてきます。

年をとるにつれて、女性は薄毛が目立つようになったり、体のめりはりがなくなったりしますが、これらは更年期に入ってホルモンのつり合いがとれなくなるためです。

それほど年をとっていないうちから、ホルモンのバランスが悪くなって、実年齢以上に老けて見えるようになったりします。

いつまでも女性らしい体型でいたいなら、普段から健康的な生活を送ることで、ホルモンの分泌を促進していくことが大事です。
頻尿対策と尿漏れ対策が参考になりました。