11月 09

コレステロールを下げる効果が期待できるサプリメント

コレステロールの数値が高めで悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

健康診断でいつも基準値を上回っているという診断結果が出るのでとても困っています。

コレステロールの数値が高いと高脂血症や動脈硬化などの生活習慣病を発症させるリスクが高くなってしまうので何か対策を行わなければならないなと思い、サプリメントを摂取し始めることにしました。

コレステロールの数値が高い原因は油っこい食事による脂質の過剰摂取だと自覚しています。

コレステロールを下げる効果が期待できるサプリメントには様々な種類のものがあります。

コレステロールを下げる効果のあるサプリメントを摂取したところ

私が選んだのは、DHA、EPA、ビタミンB群、キトサンなどが配合されているものです。

DHAとEPAは青魚に豊富に含まれている多価不飽和脂肪酸の一種で、コレステロールや中性脂肪の数値や血圧を下げる働きがあります。

ビタミンB群は、脂質の代謝を促進させる働きがあります。

キトサンは、脂質の吸収を抑制する働きがあります。これらの成分が配合されているサプリメントを毎日の健康習慣として積極的に摂取したところ、私のコレステロールの数値は見事に下がりました

確かな効果を実感することができてとても嬉しかったです。

体重や体脂肪率を下げることもできダイエット効果も得ることができました。

サプリメントの摂取に加えて食生活の改善や適度な運動なども心がけるようになり、健康に対する意識やモチベーションもアップしました。

これからも健康な体を保つために積極的な対策に努めていきたいです。

5月 12

生酵素を利用したダイエットと便秘解消

便通をよくして健康的に痩せるのであれば、生酵素を利用したダイエットはぴったりです。

多くの人が便秘で悩む現代では、乱れやすい食生活や、不規則な生活習慣も関連していることです。

加えて胃腸で働く消化酵素が少なくなることで、消化や吸収も順調にはいかなくなりますし、その影響で腸内の善玉菌と悪玉菌のアンバランスが生じやすくなります。

生酵素は体内の酵素への働きかけを促すため、結果的に便秘解消にも役立つ成分です。

便秘はダイエットを実践するにあたり天敵であり、便秘解消が促進されることで、痩せやすい体内へ切り替わります。

生酵素はドリンクもありますが、サプリでの摂取が手軽な方法です。

飲み方としては目的別に、1日の中でベストなタイミングでの摂取を心がけます。

 

 

食前に摂取するのがオススメです

1日の中の摂取の良いタイミングとしては、大きく4つの時間帯があるため、必要な時に飲むことです。

食事を食べて消化をよくして、さらに体内への吸収をよくするのであれば、食事を食べる前に飲みます。

酵素の栄養素の成分が、空っぽのお腹に染み渡り、成分の吸収がとても良いです。

食事を食べたあと、30分以内に飲むのも良いタイミングであり、これは成分は食事の後の、胃腸での消化を助けます。

体を動かす前に飲むことで、酵素の成分が代謝を高めますので、スポーツやエクササイズによる、体内脂肪燃焼を促すことが可能です。

眠りに入る前に飲むことで、生酵素の成分がじっくりと吸収をされるため、翌朝の排泄はスムーズになります。

 

3月 19

アンチエイジングサプリは新陳代謝改善やホルモンバランスを整える効果が期待できるものを

アンチエイジングサプリを飲もうと思っているのなら、美肌効果やシミやソバカスやくすみ対策をメインで考えるよりも、新陳代謝改善やホルモンバランスを整える効果を優先して選ぶほうがおすすめです。

私も気になるのは美肌効果やシミやソバカスやくすみ対策です。

しかし、年齢と共に変わっていくのはホルモンバランスや新陳代謝のほうですから、新陳代謝改善やホルモンバランスを整える効果が期待できるアンチエイジングサプリを選ぶことで、結果として肌によい効果が得られると感じています。

年齢を重ねると体の内側から弱っていくような、何を食べても、何をやっても、元気が戻らないし、肌も衰えていく感じがしてきます。そのため、単純に美肌効果を狙ったサプリメントでは物足りなくなってきます。

 

価格より効果が得られるものを重視すると続けやすいです。

 

肌の問題と共に気になってくるのが健康管理です。

どうせアンチエイジングサプリを飲むなら、美肌になって元気にもなれるものを選んだほうが一石二鳥で都合がよいです。

それに物足りないからといって、サプリメントを組み合わせて飲んでしまうと過剰摂取になる栄養素が出てきてしまいます。

だからといって単体では物足りない。

それならいっそ、少し高めでも効果が得られるものを、と、なってきます。

新陳代謝改善ホルモンバランスを整える効果があって肌への効果も実感できるもの、となるとお値段も高くなってきますが、私はそちらを選んでいます。

結果が出るからです。

結果が出ないと意味ないですし、値段が高くてもホルモンバランスを整えてくれるようなサプリメントは体が楽になるなど他の効果も得られるので十分メリットがあります。

 

10月 24

サプリメントで美容効果を得るには

美容目的で、サプリメントを使っているという人はたくさんいます。

多くの場合は、身体の機能を正常に保つために、現状で足りていない栄養素をサプリメントで摂取しています。

健康だけでなく、美容効果の期待できるサプリメントも人気の商品となっています。

美容といっても、様々な美容効果がありますので、美容に用いるサプリメントの種類も多種多様になります。

髪を豊かで艶やかにすることも美容ですし、お肌をきれいにすることも、ボディラインを整えることも美容という言葉で表現できます。

服飾品などのファッションや、メイクのテクニックも美容にあてはまります。

美容を目的としてサプリメントを使うという場合は、見た目を整えるのではなく、身体を内部からきれいにするというニュアンスになるでしょう。

サプリメント

サプリメントは飲むだけで美容成分を補給できる

人間の体は一人一人違っていますので、どんな美容成分を摂取すれば身体に影響があるかは、少しずつ異なっています。

どこをどんなふうに美しくしたいのか、利用する目的によって必要なサプリメントを選択することができるようになっています。

美容の基本は、毎日きちんと睡眠を取り、健康的な生活リズムと、食時の時間を確保することですが、時間に追われる現代人は、それこそが難しいということもあります。

不規則な生活を送らざるをえないけれども、美容は気にしたいという人にとってはサプリメントはとても嬉しい存在です。

自分の身体が必要な美容成分とはどんなもので、どのサプリメントにすればその有効成分がたくさん摂取できるかが、サプリメント選びでは大事です。

 

8月 27

女性らしい体型にはホルモンバランスも重要

一般的な女性っぽい体型とは、どういう体型のことを表すでしょうか。

ウエストはキュッと細く、腕や足は引き締まって無駄な肉はついておらず、それでいてバストやヒップは大きいほうが、女性らしいです。

細身の女性が、脂肪を増やせば女性らしい体型になるのかといえば、そんなことはありません。

体重を増やすことと、女性らしい体型になることは違います。

女性ホルモンが分泌されていることも、女性らしい体型づくりに関わっています。

女性といっても、一定の年齢に達していなければ体はまだ丸みを感じられず、女性らしさをあまり感じない体型になりがちです。

成長するにつれて、女性の身体は胸や尻が丸みを帯びてきて、腰回しがくびれるようになりますので、女性らしい体型になるわけです。

エストロゲンと、プロエストロゲンという2種類のホルモン物質が体内に分泌されるようになった時が、女性らしい体型への変わり時といえます。

体型

健康的な生活をしてホルモンの分泌を維持しよう

ホルモンがしっかり機能すれば体型も変わり女性らしくもなりますが、ホルモンバランスが乱れればそうもいきません。

髪や皮膚など、様々な部分が女性ホルモン量の影響を受けていますので、ホルモン分泌が滞ると問題が色々と起きてきます。

年をとるにつれて、女性は薄毛が目立つようになったり、体のめりはりがなくなったりしますが、これらは更年期に入ってホルモンのつり合いがとれなくなるためです。

それほど年をとっていないうちから、ホルモンのバランスが悪くなって、実年齢以上に老けて見えるようになったりします。

いつまでも女性らしい体型でいたいなら、普段から健康的な生活を送ることで、ホルモンの分泌を促進していくことが大事です。

8月 20

女性が体型を維持するためにしていること

年齢を重ねてもかわらずきれいでいたいと思って、体型キープに励んでいる女性がいます。

かわらぬ美しさを持ちたいと考える女性は多く、そのために自身を磨くことを色々と取り組んでいるという人は少なくありません。

体毛を処理し、きれいな皮膚をキープするためのケアや、豊かな髪を守るためのケア、メイクアップのやり方など美を求める行為は色々です。

体型をキープするためにできることや、スキンケアの方法などは、様々なものがあります。

まず取り組むべきことが、日々の食生活をチェックすることです。

太る原因の1つに、炭水化物の食べ過ぎがあります。

炭水化物は体の中で糖質になり、皮下脂肪へとかわります。

炭水化物は身体を構成する重要な栄養成分ですが、過剰摂取になりやすいところに注意をしましょう。

体型

タンパク質は魚や大豆製品からもとれる

もしもたんぱく質が不足しているなら、肉ではなく、豆腐や納豆で補うことがおすすめです。

大事なことは、野菜を意識してたくさん食べることや、たんぱく質の摂取源は肉だけでなく魚も活用することです。

どんな食事をするか以外にも、時間をかけてしっかり咀嚼することで、少量の食事でもお腹をいっぱいにすることができます。

週何回と最初から決めて運動をすることも、健康的な体づくりには役立ちますので、ぜひ実践してみてください。

風呂場の脱衣所など、自然と目がとまるところに鏡を設置して、毎日自分の体型を見ておくことも効果があります。